葬儀に関する情報サイト

葬儀費用は相続財産にならない

葬儀費用は相続財産にならない 身内が亡くなった時に、葬儀費用が思った以上にかかってしまうことはよくあることです。憔悴しきっている時に色々なことを決めなくてはならないですし、大切な親族に対してできる限りのことをしてあげたいと思えば予算を大幅にオーバーしてしまうことはよくあることです。
そんな時に、葬儀費用は相続財産にはならないことを知っておくと後で損することがなくなります。特に、親族の預貯金から葬儀をあげようとしたときにその費用が相続の対象になるかどうかは気になるところです。ですが、対象にはなりませんので控除という扱いになります。
葬儀でバタバタしていると、そうしたことを考える余裕もなくなりますし終わったあとで悲しみが襲ってくるのが一般的です。しかし、やらなくてはならない手続きなども多いですし葬儀費用のことも親族でよく話し合って使うようにすると後からトラブルになることがありません。葬儀費用は、工夫することで安くすることもできます。

葬儀費用を相続税の控除に計上できる範囲とは

葬儀費用を相続税の控除に計上できる範囲とは 「日本消費者協会2017年葬儀についてのアンケート調査」によると、一般的な日本人のお葬式費用の平均は約195万円という結果が判明しています。
日本の葬儀費用は世界的にみて高額であることが知られていますが、一部の費用は相続税の申告の際に控除が認められています。
相続税から控除できる葬儀費用の範囲ですが、死亡診断書の発行手数料・遺体の運搬費用(寝台車や霊柩車)・遺体の安置費用・通夜や告別式の費用(葬儀の基本プラン・花代・供物代・通夜振るまいなどの飲食費・宗教者へのお布施など)・火葬代・精進落とし・納骨費用、などです。海洋散骨や自然葬をする場合にも、納骨費用に計上することができます。
逆に控除が認められないのは、遺体の解剖費用・通夜や告別式に出席するための交通費・初七日法要・四十九日などがあります。家族などが亡くなってお葬式を行う場合は、税金を申告する際の控除のために支払い明細や領収書などを保管しておくことが大切です。

新着情報

◎2023/12/8

情報を更新しました。
>葬儀は神社に依頼をすることができる場合もある
>キリスト教はどのように葬儀を行うのかを知ろう
>葬儀におけるデジタル技術の活用事例の紹介について
>葬儀の際の香典返しはどのようにしればいいか
>葬儀に参列する際に守りたい衣装のマナーやルール

◎2023/2/15

情報を更新しました。
>キリスト教の葬儀の流れと知っておきたいマナー
>葬儀の時身につける数珠の種類とその意味について
>プロテスタントの葬儀では聖職者は牧師と呼ぶ
>日本の葬儀はほとんど仏教で行われるのです
>堅苦しい葬儀は、もう過去のものになりつつある

◎2022/4/26

情報を更新しました。
>ペットも家族の一員なので葬儀を行う方も多い
>葬儀と一緒に考える樹木葬という新しいタイプの埋葬
>葬儀の服装は光らない黒を基調にしましょう
>葬儀について生前相談をして決めておくのが望ましい
>生前葬とはどんな葬儀?行う理由や内容について

◎2021/5/27

葬儀費用は相続財産にならない
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「葬儀 相続」
に関連するツイート
Twitter

生きとるだけで税金っていうお金がかかる。 生活に必要な道具(車等)を買うと税金がかかる。 生活に必要なお金を稼ぐと税金がかかる。 亡くなった親族の遺物やお金を相続すると税金がかかる。 亡くなったら亡くなったで葬儀をせずとも火葬でお金がかかる。 生きても死んでもお金がかかる世界で生きてる

【7/11スタート】「終活サポートワンモア」代表で、終活カウンセラーの今井賢司さんが教える『知って得する「終活」集中講座』に参加しませんか! エンディングノートの書き方を中心に遺言・相続葬儀などを総合的に学ぶことができます!申し込みと詳細はこちら→

ワイの周りでも、世に言う「子供部屋オジサン」はいるんやが 親が亡くなったりしたら 住宅保険、固定資産税、相続税、葬儀費用、色んな社会のパンチを食らって泣くんだろうな… 自宅が持家でろくに手入れしてなきゃ、リフォーム代のフルコンボがキマる

シニアライフ相談サロンめーぷる神戸三宮店は、「問題をシニアライフカウンセラーと一緒に解決」するサービスを開始しました。 住まい相談や身元保証、後見人、相続、遺言書、終末期医療、看取り、

父の銀行口座は凍結さらるので亡くなった当日に全額引き落としたので、役所関連の提出、保険屋とのお話、財産分与相続税等有るので、葬儀終了後の方が忙しいかもしれません