葬儀に関する情報サイト

葬儀費用の平均はいくら?

葬儀費用の平均はいくら? 日本は超高齢社会にあり、高齢者の割合がどんどん高くなっています。80歳以上生きるのが当たり前であることは、多くの方が認識していると思います。しかし、人の寿命には限界があるため、いつかは終わりを迎えることになります。
人が亡くなった場合、葬儀を行わなければいけません。全国の葬儀費用の平均は200万円前後になります。葬儀一式にかかる費用や飲食代、お布施代が含まれた金額です。これから亡くなる方が多くなることを考えると、葬儀費用が200万円くらいかかることを知っておくべきです。できれば自分の葬儀の費用は自分で準備しておくことが望ましいです。遺族は短期間で様々なことをしなければいけないので、お金の負担だけは取り除いてあげるべきです。200万円が厳しいのであれば、家族葬という選択肢もあります。家族葬であれな、平均が100万円なので半分くらいに抑えることができます。お金に余裕がないのであれば、できる範囲での葬儀で構いません。

葬儀費用の内訳

葬儀費用の内訳 葬儀費用の内訳は葬儀基本セットや宗教費用、飲食などのおもてなし費用それにホールなどの施設利用料の4項目が一般的です。
葬儀基本セットがどのような内容のものかは葬儀社により内容が多少異なります。葬儀セットは祭壇や線香、蝋燭などの備品や葬儀の式管理や各種の手続き代行、受付設備、枕飾り、中陰後飾り、受付設備などになります。葬儀費用の平均金額は約90万円となっていますが、葬儀の内容で金額が大分違ってきます。おもてなし費用は参列者の人数により左右されます。例えば公営斎場を利用すれば、施設費用を抑えることができます。また近頃は参列者の高齢化のため家族葬や一日で葬儀が終わる簡素なスタイルのものが好まれます。葬儀に関する費用は葬儀後にもかかってきて、例えば香典返しや法要、お墓なども考慮に入れないといけません。このように葬儀後も葬儀社の世話になることが少なくないので、アフターケアがしっかりしている葬儀社を選びましょう。

新着情報

◎2023/12/8

情報を更新しました。
>葬儀は神社に依頼をすることができる場合もある
>キリスト教はどのように葬儀を行うのかを知ろう
>葬儀におけるデジタル技術の活用事例の紹介について
>葬儀の際の香典返しはどのようにしればいいか
>葬儀に参列する際に守りたい衣装のマナーやルール

◎2023/2/15

情報を更新しました。
>キリスト教の葬儀の流れと知っておきたいマナー
>葬儀の時身につける数珠の種類とその意味について
>プロテスタントの葬儀では聖職者は牧師と呼ぶ
>日本の葬儀はほとんど仏教で行われるのです
>堅苦しい葬儀は、もう過去のものになりつつある

◎2022/4/26

情報を更新しました。
>ペットも家族の一員なので葬儀を行う方も多い
>葬儀と一緒に考える樹木葬という新しいタイプの埋葬
>葬儀の服装は光らない黒を基調にしましょう
>葬儀について生前相談をして決めておくのが望ましい
>生前葬とはどんな葬儀?行う理由や内容について

◎2021/5/27

葬儀費用は相続財産にならない
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「葬儀 費用」
に関連するツイート
Twitter

返信先:無届ゆえ介護保険料は使えず全額実費 申し込み当日に入所可能(調査票・フェイスシート等いっさい不要) 平均入所日数14日 コスト・1日あたり二千円程度を想定しています。 ※葬儀費用別途 であります

死亡届(診断書)の届出先 死亡届は通常、ご親族様に記載していただいたものを葬儀社が市区町村役場に使者として提出代行します。 3万円くらい代行費用とるところもあるらしいので、その時はせれもにに連絡してください。やり方をお伝えします。

ワイの周りでも、世に言う「子供部屋オジサン」はいるんやが 親が亡くなったりしたら 住宅保険、固定資産税、相続税、葬儀費用、色んな社会のパンチを食らって泣くんだろうな… 自宅が持家でろくに手入れしてなきゃ、リフォーム代のフルコンボがキマる

葬儀の料金、飲食等の費用は現段階では不明では有るもののお墓の設置の費用(墓地は確保済)等も考えると難しい問題も有ったりします。

返信先:葬儀費用や入院費用などは控除できるはずなので、お母様の費用から使っても問題ないと思います。土地の名義等もありますし、相続に関して一か所で済む場所が近くにあるといいですね。。