葬儀に関する情報サイト

葬儀時の親族の行動の流れ

葬儀時の親族の行動の流れ 日本国内において葬儀は葬儀社に依頼することが一般的となっています。任せるところを選んだら当日の役割を決めておく必要があります。一般的に葬儀社は幅広く宗教に対応できるようになっています。
喪主は配偶者か子、それ以外の場合は親、兄弟が務めることになっています。喪主は故人と最も深い関係があることになるので親族のサポートが大切になってきますし、全体を取り仕切る世話役代表を決めておく必要もあります。なるべく身内の方で故人のことをよく知っている方に依頼することにします。仏式であれば家族や親族が故人を囲んで厳粛に末期の水を行います。死に装束を着せた遺体は納棺され通夜の流れとなります。最近の傾向としては葬儀と告別式は分けずに連続して一緒に行われる事が多くなっています。そして、遺族たちと故人との最後の対面である出棺となります。棺のなかに会葬者が花を敷き詰めてふたが閉められます。身内のごく親しい間柄の方々で火葬場に向かい残りの会葬者はそれを見送る流れとなります。

葬儀の一般的な大まかな流れ

葬儀の一般的な大まかな流れ 葬儀を家族葬で考えているときには、呼びたい親族や友人にまずは連絡をします。実際の家族葬の所要時間は、特別なお通夜を行わない限り2時間程度で終わるのが通常です。流れについては、一般的なお通夜とあまり変わりはありません。親族の集合から始まりますが、集合が開始時間より早すぎても手持ち無沙汰になってしまうため、30分前程度が適切です。30分前なら待合室も使用可能になることがほとんどなので、家族や親族が先に入って僧侶を待ちます。無宗教でお通夜を行うときには僧侶の入場は省かれ、ここまでで約1時間です。開始宣言は、式場のスタッフがおこないます。その後焼香を行いますが、15分から30分で終了する場合がほとんどです。
焼香が終われば、僧侶の法話があって退場します。法話の長さは5分程度が一般的です。司会者が閉式の宣言をして終わります。葬儀後の振る舞いが行われるときには、通常1時間から2時間で解散となります。葬儀が17時に始まって、20時に終わるという程度に考えておけば間違いありません。

新着情報

◎2023/12/8

情報を更新しました。
>葬儀は神社に依頼をすることができる場合もある
>キリスト教はどのように葬儀を行うのかを知ろう
>葬儀におけるデジタル技術の活用事例の紹介について
>葬儀の際の香典返しはどのようにしればいいか
>葬儀に参列する際に守りたい衣装のマナーやルール

◎2023/2/15

情報を更新しました。
>キリスト教の葬儀の流れと知っておきたいマナー
>葬儀の時身につける数珠の種類とその意味について
>プロテスタントの葬儀では聖職者は牧師と呼ぶ
>日本の葬儀はほとんど仏教で行われるのです
>堅苦しい葬儀は、もう過去のものになりつつある

◎2022/4/26

情報を更新しました。
>ペットも家族の一員なので葬儀を行う方も多い
>葬儀と一緒に考える樹木葬という新しいタイプの埋葬
>葬儀の服装は光らない黒を基調にしましょう
>葬儀について生前相談をして決めておくのが望ましい
>生前葬とはどんな葬儀?行う理由や内容について

◎2021/5/27

葬儀費用は相続財産にならない
の情報を更新しました。

◎2021/2/26

サイト公開しました

「葬儀 親族」
に関連するツイート
Twitter

返信先:原因が葬儀の線香の煙なので、親族の半分ぐらいこれです

返信先:他1横から失礼。世の中には部員に対して、「君たちの寿命残り1週間!蝉と同じくらいだねhahaha!」とか言う顧問も居るよ。 しかもそれを前日に親族葬儀とか諸々全部終わったばっかの人の前で言うというね… あれは葬儀が終わったばっかなのを知っている。なぜなら葬儀があるから部活休むと伝えたからだ

返信先:親族葬儀やってから、結婚しなきゃって強く思いました笑

虹やってよかったなと思ったの「レポートとか卒論がわりかし楽に書けた」こと。卒論二万字くらいはきつかったけど。何年前だ。ちょうどその時期に不回避なイベント発生(親族葬儀)して、ひたすら隙間でポメラ叩いて草稿完成させてぶん投げた覚え。漢字の間違い指摘されたくらいでほぼ一発OKだった。

202403🐘象の方がカルト教祖より霊格が上位と判明!子象が死ぬと埋葬し親族葬儀👽